【徹底したダメージケア】美容液でしわに働きかけ老化現象に打ち勝つ

大切な肌へ栄養補給

美容液

扱いにくかったビタミンc

ビタミンcは健康維持に欠かせない栄養素です。野菜や果物に多く含まれていて、肌にも良いことで有名な成分です。ところが酸化して分解してしまいやすいという特徴を持っているため、長期間保管する化粧品に利用するのは向かない成分だとされてきました。「壊れやすい」というビタミンcの弱点を克服した成分が、ビタミンc誘導体です。ビタミンcに別の分子を化合させ、安定させてできた物質です。ビタミンc誘導体は酸化されにくく、肌に取り込まれると元のビタミンcに戻ります。そのため、ビタミンcの効果を損なうことなく化粧品に配合することができるようになりました。さらにビタミンc誘導体は肌に浸透しやすいという特徴を持っているため、より一層の美肌効果が期待されています。

皮脂の分泌をコントロール

ビタミンc誘導体には皮脂の分泌をコントロールする働きがあります。皮脂の分泌が多いと肌がべたつき、毛穴を詰まらせる原因になります。皮脂の分泌を抑えることでニキビ対策にもなり、クリアな肌を保つことができます。気をつけたいのは乾燥肌の方です。もともと皮脂の分泌量が少ないため、ビタミンc誘導体の配合された化粧品を使い過ぎると、さらに乾燥肌がひどくなってしまうことがあります。肌の状態を確認しながら使用量を調整する必要があります。高濃度のビタミンc誘導体を配合した化粧品の方が効果が高そうに思えますが、人によっては刺激が強すぎて逆効果になってしまう場合があります。自分の肌に合った適量を使い続けていくのがコツです。