【徹底したダメージケア】美容液でしわに働きかけ老化現象に打ち勝つ

胸のサイズの悩み

ブレスト

胸の大きさには脂肪が重要な役割を担っていますが、脂肪と並んで大切なのが筋肉です。胸はもちろんのこと、肩や背中という幅広い範囲の筋肉を鍛えることがバストアップには必要です。バストアップのトレーニングをする際に知っておきたいのは、適切な回数と頻度です。多めの回数・頻度のトレーニングは脂肪を減らす有酸素運動となり、バストアップと逆の効果になります。筋肉量を増やすには部位ごとに10回程度のトレーニングを3セット繰り返し、1日から2日の休養を挟むことが大切です。ただし、くびれを作ってメリハリのある体づくりをしたい場合、先に有酸素運動によるダイエットを優先させた方がいいと言われています。痩せてきたら、摂取カロリーと消費カロリーが同じ程度になるように意識しながら筋トレを行いましょう。

日本人は体格的に欧米人に比べて胸が小さめと言われており、現在ではある程度サイズの大きい胸が美しいとされているため、バストアップを望む女性が増えています。バストアップの方法には美容外科での豊胸手術がありますが、最近では化粧品によるサイズの改善も人気です。バストアップの化粧品はクリームタイプが一般的で、塗ることで胸の脂肪量の増加を促す効果があります。ただし、自分の体内から脂肪の増加を促進するものなので、バランスの良い食事で適度に脂肪をつけることが必要です。また、胸の成長に関わる女性ホルモンの分泌を促すクリームも販売されており、より高いバストアップの効果を持ちます。クリームタイプの化粧品は肌との相性もあるため、化粧品コーナーの販売員に相談しつつ選ぶことが推奨されます。